保科 正之

風雲児たち(漫画)の登場人物。読みは「ほしな まさゆき」。徳川秀忠とは親族関係にある。

  • 保科 正之
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風雲児たち(漫画)
正式名称
保科 正之
ふりがな
ほしな まさゆき

総合スレッド

保科 正之(風雲児たち)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

幼名は幸松。二代将軍徳川秀忠と腰元静との間に生まれた。三代将軍徳川家光の異母兄弟。18才で信州高遠藩の藩主となる。32才で会津松平家初代藩主となり、その後、徳川家綱の後見人として大老職に就く。さまざまな善政を行い、多くの時間を学問に捧げ、最後まで徳川家に絶対の忠義を尽くした。

実在の人物保科正之がモデル。

登場人物・キャラクター

徳川二代将軍。幕府の権力が強くなるにつれ、周囲に敵が増え孤独を感じるようになる。堅ぶつな性格であったが自分の心の理解者である腰元静と関係を持ち、一男をもうける。後にこの息子と対面を果たす。54歳で没。...

登場作品

慶長5年、9月15日。関ヶ原の戦いが勃発。徳川家康が総大将の東軍と毛利輝元が総大将の西軍の戦が始まった。東軍の方が分が悪いと思われた戦だったが、小早川秀秋や吉川広家らの裏切り行為などにより東軍が勝利。...