信田 昭一

妖怪ハンター(漫画)の登場人物。読みは「しのだ しょういち」。別称、霊信院。

  • 信田 昭一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
妖怪ハンター(漫画)
正式名称
信田 昭一
ふりがな
しのだ しょういち
別称
霊信院

総合スレッド

信田 昭一(妖怪ハンター)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

合田とともに魔障ヶ岳に入山していた修験者のひとり。神奈川に住み、各地の山岳霊場を巡っている修行オタク。羽黒山の修行場で知り合った祈祷師の家に婿入りしている。魔障ヶ岳から神様を連れて戻ったといわれており、それ以来験力が強くなったと噂されていたが、奇妙な事件が連続で起こり行方不明となった。

登場人物・キャラクター

考古学の研究家で、元東京のK大学教授。民俗学や宗教学、古文書学にも造詣が深いが奇妙な研究テーマが多く、学会からは異端視されている。背中までのびた長い黒髪が特徴。一部マスコミや若い学生からは、「妖怪ハン...

関連キーワード

『妖怪ハンター』シリーズに登場する舞台のひとつ。釈迦ヶ岳、涅槃岳とともに「御霊山」と呼ばれ山岳信仰の対象となっている荒々しい山稜を持った山。

登場作品

専門である考古学をベースに、民俗学や宗教学も用いて歴史的なミステリーを解読する稗田礼二郎が、日本各地で起こる奇妙な事件をその学術知識と独自の歴史解釈で読み解いていく伝奇作品。稗田が現地に赴き、その地に...