俵星 久鬼丸

俵星 久鬼丸

朝太郎伝(漫画)の登場人物。読みは「たわらぼし くきまる」。別称、カマイタチの久鬼丸。

登場作品
朝太郎伝(漫画)
正式名称
俵星 久鬼丸
ふりがな
たわらぼし くきまる
別称
カマイタチの久鬼丸
関連商品
Amazon 楽天

概要

高知県城西高校の学生組織「黒流会」の会長。圧倒的なカリスマ性を誇り、高知の極道学生たちの大半を傘下に置く男子高校生。鉄製のメジャーを刃のように研ぎ澄まし、先端に刃状の分銅がついた武器を使い、目にも止まらぬ速さで攻撃することから「カマイタチの久鬼丸」と呼ばれている。高知中の高校を配下に置くため、高校を三年留年している。

丹寅朝太郎の持つ、人を惹き付ける明るさに目をつけ、彼を配下にしたいと望む。全国のはぐれ者たちの受け皿となる組織をつくりあげることが目的で、右腕である乾喜一郎と共にその根拠地となる「黒流会館」の建設に力を注ぐ。

登場作品

朝太郎伝

中学一年生の少年・丹寅朝太郎は、無鉄砲な喧嘩を繰り返す日々を送っていた。そんな彼を心配した元極道の父・丹寅伝三は、刑務所帰りの青年・新照院勘介を息子の教育係とし、寝食を共にさせる。新照院勘介の義侠心や... 関連ページ:朝太郎伝

SHARE
EC
Amazon
logo