倉本 駆馬

かおす寒鰤屋(漫画)の主人公。読みは「くらもと かるま」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かおす寒鰤屋(漫画)
正式名称
倉本 駆馬
ふりがな
くらもと かるま

総合スレッド

倉本 駆馬(かおす寒鰤屋)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

概要

骨董屋・寒鰤屋の6代目店主。若くして店主になった青年だが、古今東西を問わず目利きの確かさには定評がある。骨董品に対する深い愛情の持ち主で、不正な手段で貴重な骨董品を手に入れようとする者を許さない。また、たとえお金にならなそうな案件でも、依頼人のために真摯に向き合う。

一方、腕っ節は強く、複数の空手の達人を相手にしても軽く打ち倒してしまうほど。駆馬の正体は、かつて徳川家に仕えた隠密の末裔で、上泉神陰流なる武術の使い手。寒鰤屋は駆馬の5代前の当主が明治維新に際して、野に下って骨董界のトラブルシューターとして起ち上げたものであった。また駆馬は、他者の魂を自身の身体に宿す口寄せの術にも長けている。

登場作品

明治時代から続く老舗骨董屋の寒鰤屋。この寒鰤屋を営む倉本家は元々は徳川家に仕えた隠密で、明治維新になって骨董界のトラブルシューターとなるべく起ち上げた店であった。その6代目店主となったのが倉本駆馬。確...