倉橋 加奈子

倉橋 加奈子

NIGHT HEAD(漫画)の登場人物。読みは「くらはし かなこ」。

登場作品
NIGHT HEAD(漫画)
正式名称
倉橋 加奈子
ふりがな
くらはし かなこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『NIGHT HEAD』第14話「APOCALYPSE・Ⅰ 啓示」から登場する人物。ライブ製薬に勤める科学者で、HIVの特効薬の突然変異で猛毒ウイルスを開発してしまうはずの人。直人を好きに並の男じゃ太刀打ち出来ない頭の良さを持つ。男たちはなぜか倉橋加奈子を征服したがり、側にいると倉橋加奈子を支配しないと男たちのプライドが傷つきだすため、倉橋加奈子はスケールが大きく、心の強い男を求めている。

兄弟も恋人もなく、仕事しかない自分に、研究をやめさせようとする代償として、直人に自分と暮らして欲しいと言うが、断られてしまう。憎しみから直人を殺してしまいたいと思い、コーヒーに毒を入れる想像をすると、曽根崎の超能力により、助手の只野が実行に移してしまう。

直人が、何度もデータを消したと嘘をつく倉橋加奈子を見捨てようとしたときに、倉橋加奈子は本当にデータを消すが、助手の只野がデータのコピーを勝手にとっており、それを消そうとしたため、只野に殴られてしまう。そのため、脳に障害を受けて、自分を12歳の少女だと思っている。

かなり重症な記憶障害になり、回復の見込みは立っていない。

登場作品

NIGHT HEAD

15年前に連れてこられた超能力研究所から、岬老人が死に、結界が消えたことをきっかけに、霧原直人と直也の二人の兄弟が逃げ出す。直人はサイコキネシス、直也はリーディングという能力を持ち、研究所とはあまりに... 関連ページ:NIGHT HEAD

SHARE
EC
Amazon
logo