倭建命

倭建命

THE MOMOTAROH(漫画)の登場人物。読みは「やまとたけるのみこと」。別称、ヤマトタケル。

登場作品
THE MOMOTAROH(漫画)
正式名称
倭建命
ふりがな
やまとたけるのみこと
別称
ヤマトタケル
関連商品
Amazon 楽天

概要

600年後の未来の日本から来た男。その未来では世界大戦によって国家が崩壊し、武力が絶対の正義となり、一番強い者である倭建命が「神」と呼ばれていた。そして最強の軍隊である「神の軍団」を作るために、「桃太郎計画」と名付けた実験を遥か過去の日本で行っていた。現代を訪れた際も「神」を自称し、「神の摂理」の名のもとにザ・モモタロウを一方的に抹殺しようとする。

熊曾崩壊拳、草薙剣(クサナギソード)、曲玉散弾光、鳳凰逆落とし(フェニックス・ドライバー)などの必殺技を持ち、モモタロウを圧倒する。大和時代風の衣や鎧を身に付け、総角(みづら)と呼ばれる大和時代の髪型をしているが、モデルである大和武尊と直接の関係は描かれていない。

体重は252ポンド。一人称は「わたし」。

関連人物・キャラクター

ザ・モモタロウ

日本のプロレス団体、太平プロレス所属の男性プロレスラー。8月1日生まれのB型。身長187cm、体重102kg。二代目・桃太郎を襲名した「桃太郎の子孫」で、ご先祖様の神通力が宿るももん羽織を裁断して仕立... 関連ページ:ザ・モモタロウ

登場作品

THE MOMOTAROH

桃太郎の子孫であり、「二代目・桃太郎」を襲名する主人公が、プロレスラーとして活躍するプロレス・ギャグ漫画。桃太郎以外のお伽話の人物も歴史上に実在していた設定であり、その子孫などがライバルとして登場する... 関連ページ:THE MOMOTAROH

SHARE
EC
Amazon
logo