偉 昇龍

偉 昇龍

じゃりガキ9(漫画)の登場人物。読みは「い しょうりゅう」。

登場作品
じゃりガキ9(漫画)
正式名称
偉 昇龍
ふりがな
い しょうりゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和48年9月9日9時9分生まれ。台湾からやって来た9歳の少年。鈴鹿ドクロンズに入団。ポジションは内野手。同チームには兄で捕手の偉閣張がいる。他のじゃりガキ軍団のような突出した野球センスは無いが、強力なテレパシー能力を持つ。他人の考えを読んだり、自分の考えていることを相手の頭に送ることができるその能力は、試合において強力な武器となるが、あまりにも現実離れし、万能なため、恐怖と嫌悪感を与えてしまうことも。

そして、その事に本人は悩み、傷付いている。

登場作品

じゃりガキ9

1982年、パ・リーグ東西対抗戦の始球式。マウンドに上った9歳の少年・星野英雄は、プロの選手たちも驚く超人的なピッチングを披露し、野球界に衝撃を与える。さらに彼は、中継のテレビカメラの前で、自分と同じ... 関連ページ:じゃりガキ9

SHARE
EC
Amazon
logo