偽フランシーヌ人形

偽フランシーヌ人形

からくりサーカス(漫画)の登場キャラクター。読みは「にせふらんしーぬにんぎょう」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
偽フランシーヌ人形
ふりがな
にせふらんしーぬにんぎょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

フランシーヌ人形によって1909年に作られた身代わりの人形。フランシーヌ人形に代わって真夜中のサーカスを指揮する役目を与えられ、他の自動人形(オートマータ)らにも気付かれることなく90年以上も過ごしてきた。「しろがね」と自動人形による総力戦であるサハラ戦で、ついに加藤鳴海と対峙することになり、その際に自分が偽物であることを告げる。

命懸けの「しろがね」の行動を見ていくうちに感情に複雑な変化が生じ、ついにはフランシーヌ人形が感じた「疲れ」ということを理解した。元々、「しろがね」が「最古の四人」を破って目の前に立ちはだかったときには活動を停止するよう作られていたが、鳴海はフランシーヌ人形を倒したということを生き残っていた他の仲間に形として見せるために、活動停止した偽フランシーヌ人形の首をはねた。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo