偽一

偽一

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「ぎいち」。逸刀流とはライバル関係。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
偽一
ふりがな
ぎいち
関連商品
Amazon 楽天

概要

無骸流に所属する若い男性。スキンヘッドに丸いサングラスをかけ、顎ひげを生やしている。寡黙なうえ、サングラスで表情が見えないため考えが読みにくいが、不器用で情に厚い性格。しかし敵である逸刀流には容赦がなく、鎖鎌を武器に淡々と狩っていく。もとは船大工として働いていたが、病に侵された息子の薬代のために窃盗をし、死罪となるところを拾われる形で無骸流に加わった。

百琳を非常に大切に想っており、自分が逸刀流壊滅に貢献することで、自分だけでなく百琳も罪状放免にしたいと考えている。

関連キーワード

無骸流

吐鉤群によって作られた、反幕府的因子を抹殺するための地下組織。現在は主に逸刀流の撲滅を目的とし、あらゆる手段を用いて逸刀流剣士を殺している。「流派」と名乗ってはいるが道場や師範や門下人はなく、構成員は... 関連ページ:無骸流

逸刀流

50年ほど前、剣道道場「無天一流・浅野道場」を破門になった天津三郎が興した流派。2代目である天津影久が流派を継いで以降、「国中の剣という剣を滅ぼし、あらゆる流派の垣を取り除いてみせる」という願いのもと... 関連ページ:逸刀流

登場作品

無限の住人

作品誕生のいきさつ沙村広明はコミックス最終巻である第30巻のあとがきで、本作『無限の住人』誕生のいきさつを語っている。もともと、沙村広明は学生時代、日本史も世界史も好きではなかった。しかし大学時代に目... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo