偽一

偽一

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「ぎいち」。逸刀流とはライバル関係。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
偽一
ふりがな
ぎいち
関連商品
Amazon 楽天

概要

無骸流剣士。スキンヘッドに黒い丸眼鏡をかけている。元は船大工だったが、病気の息子の薬代のために盗みを働き死罪となるところを吐鉤群に拾われて無骸流の一員となった。特殊な形状の鎖鎌を武器とし、逸刀流の剣士60人以上を殺している。逸刀流の酒宴の席でも、吐鉤群とともに副将格の剣士を次々と斬殺したほどの腕前を持つ。

関連キーワード

逸刀流

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ... 関連ページ:逸刀流

無骸流

『無限の住人』に登場する集団。逸刀流撲滅を目的として、幕府の新番頭・吐鉤群によって集められた。いずれも死罪を言い渡された罪人たちで、逸刀流の剣士を狩ることを条件に罪を不問にされている。また、逸刀流一人... 関連ページ:無骸流

登場作品

無限の住人

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo