僧我 三威

天 天和通りの快男児(漫画)の登場人物。読みは「そが みつい」。赤木しげるとはライバル関係。

  • 僧我 三威
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天 天和通りの快男児(漫画)
正式名称
僧我 三威
ふりがな
そが みつい

総合スレッド

僧我 三威(天 天和通りの快男児)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

赤木しげるの前に十数年間一度も敗れることなく裏麻雀界を制してきた男。短いながら華やかであった赤木の活躍によって自らの活躍が霞んでしまったことから強い敵意を抱いている。麻雀によって東日本と西日本のヤクザ達の覇権を決める東西戦の西側として参加し決着をつけようとする。

物語終盤の通夜編では西側でありながら赤木に招かれる。赤木と決着と自殺を止めさせるため「9(ナイン)」というゲームを提案し勝負を挑む。しかし赤木による超人的な奇跡を目の当たりにし、その死を認める。

登場人物・キャラクター

かつて裏社会の頂点に君臨していた伝説の博徒。不敗であったが代打ちとして天貴史と対戦し一半荘だけ敗北を喫す。その後、麻雀によって東日本と西日本のヤクザ達の覇権を決める東西戦では天が率いる東側の代表メンバ...

関連キーワード

9
『天 天和通りの快男児』の登場する麻雀牌を用いたゲーム。物語終盤の通夜編でアルツハイマーに侵された赤木しげるとの最後の決着を付けるために僧我光威によって提案された。互いに1から9までの数牌を持ち、その...

登場作品

井川ひろゆきは、ある雀荘で天貴史と麻雀を打つ。ひろゆきは終始優勢に進めるも明らかにイカサマである天和・九蓮宝燈のダブル役満を天に和了され敗れる。しかしこれがきっかけとなり二人の親交が生まれ、次第に彼ら...