光 源氏

光 源氏

あさきゆめみし(漫画)の主人公。読みは「ひかるげんじ」。別称、光る君・六条院。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
光 源氏
ふりがな
ひかるげんじ
別称
光る君・六条院
関連商品
Amazon 楽天

概要

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様々な女性と関係を持つ。皇族出身の貴族ではあるが、女性へ対する分け隔てはなく、恋の相手は帝の妻から人妻、市井の女性までと幅広い。

教養のある女性を好むが、基本的にどんな女性に対しても批判的なとらえ方をすることは少ない。理想の女性像を求め続けるがために、関係を持った女性を悩ませることが多く、女心の機微には疎い。晩年は自らの運命や過ちに対して苦悩することが多くなり、出家を望むようになる。

関連人物・キャラクター

藤壺中宮

桐壺帝の先帝の内親王。光源氏の母・桐壺更衣に瓜二つであり、そのため更衣の死後、求められ入内する。桐壺帝の妻となったものの、光源氏とは5歳差であり、光源氏が幼い頃は姉のように接していた。しかし光源氏が元... 関連ページ:藤壺中宮

登場作品

あさきゆめみし

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人... 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo