• 蟲師 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 光脈

光脈

光脈

蟲師(漫画)に登場する用語。

登場作品
蟲師(漫画)
正式名称
光脈
ふりがな
こうみゃく
関連商品
Amazon 楽天

概要

世界に生命が誕生した時から、地中深くで流れている、光り輝く命の水脈。普通の状態の人間には見ることができないが、に近しい存在の者は、真の闇の中で見ることができる。光酒の元となる微小な生物によって構成されている。光脈が流れている地域を光脈筋と呼び、周囲の土地一帯は精気で溢れかえる。

そのため、山の動植物は繁茂し、近くの里の人々は多くの子供を授かる。また光脈筋の上にある山には、山の精気を調整するヌシが現れる。光脈筋は時間と共に移動しているため、光脈筋から外れた山は精気が減少し、活力がなくなってしまう。

登場作品

蟲師

「鎖国を続けた日本」あるいは「江戸期と明治期の間にある架空の時代」を舞台に、謎の多い異形の生命体蟲が引き起こす現象と、それらに対峙する蟲師のギンコを描いた作品。2003年文化庁メディア芸術祭漫画部門優... 関連ページ:蟲師

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
蟲師
logo