入市 アレクサンドル

恋と軍艦(漫画)の登場人物。読みは「いりいち あれくさんどる」。別称、克美・アレクサンドル・イヴァーノヴィチ・入市。

  • 入市 アレクサンドル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
恋と軍艦(漫画)
正式名称
入市 アレクサンドル
ふりがな
いりいち あれくさんどる
別称
克美・アレクサンドル・イヴァーノヴィチ・入市
別称
サーシャ
別称
えろおやじ
別称
入市

総合スレッド

入市 アレクサンドル(恋と軍艦)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

小舟町町長の港航一の親しい友人にして、売れっ子のエロ漫画家。父親がロシア人のハーフである。自称子供嫌いで、初めて自宅を訪れた主人公の遠藤香菜に対して酷く素っ気ない態度を取るが、その後、篠原晶を連れてやって来た時には、町長に「とても機嫌がいい」といわれるくらいにはを相手におちょくって楽しんでいる模様。

が漫画家を目指しているのを知って、厳しい態度でプロ根性を叩き込むことも。元外国人部隊の兵士でフランス軍に所属していて、そこでは恋人のアンリも一緒だった。だが、追い詰められた一般人の少年にその恋人を銃撃されて失い、それが心の傷となって入市を恋愛に対して臆病にさせた。

金髪碧眼に無精ひげを生やし、刺青を入れた身に着流しを纏うのが彼の普段着。髭を剃り、スーツで身を固めると、すれ違う誰もがモデルかと思うほどの美形。町長が町の人たちに混乱をもたらす政策を取るのを密かに心配している。

登場人物・キャラクター

両親の不仲から、田舎の小舟町に住む祖母吉本セツコに引き取られた中学1年生の女の子。小舟町町長、港航一に運動会でメダルを貰ったときから彼に恋していた。「東京者」といわれて孤立していた香菜だったが、少し変...
主人公遠藤香菜のクラスメイトで、地元の人間にも関わらず風変わりなものの考え方をするため、友達がいない。幼馴染の松本陽とは腐れ縁で、どつき漫才をする仲。本と漫画が大好きで、とあるエロ漫画家の大ファンであ...

関連キーワード

角島県にある港と山に囲まれた小さな町。戦中は戦艦の部品製造に関わり業績を上げ繁栄するが、現在ではそれも過去の話。盛んだった漁業も振るわず、若者も将来に希望を持てずに都会に出て行ってしまうような、過疎化...
『恋と軍艦』の舞台のひとつ。小舟町の中でも商店街や駅のある港側とは反対の山側に位置し、人気のない場所にひっそりと佇む。入市アレクサンドルの住居は、玄関口にウッドデッキを持つお洒落な外観。山の上にありな...

登場作品

両親のすれ違い生活の末、母親に引き取られた遠藤香菜だったが、その母親も仕事で海外にいることが多いため、角島県の小舟町に住む祖母の吉本セツコに引き取られた。引っ越して来たばかりの小学5年生のとき、町民体...