入江 文学

喧嘩商売(漫画)の登場人物。読みは「いりえ ぶんがく」。別称、文さん。

  • 入江 文学
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
喧嘩商売(漫画)
正式名称
入江 文学
ふりがな
いりえ ぶんがく
別称
文さん

総合スレッド

入江 文学(喧嘩商売)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

古武術・富田流の6代目継承者で、佐藤十兵衛の師匠である38歳男性。富田流以外の近代格闘技にも精通し、実戦経験も豊富。祖父の残した不動産収入で食べており、生活のために他の職に就いたり弟子を取って指導料を取ったりはしていない。父・入江無一田島彬によって昏睡状態に追いやられてからは、仇を討つために修行に明け暮れている。

そのため、普段はおちゃらけたような態度が多くとも、田島が絡むと気配が変わる。また、武術一筋に生きてきたため童貞であり、そのことをひどく気にしている。

登場人物・キャラクター

東京から行座宇都宮高校に転校してきた男子高校生。中学生の頃はイジメに遭っていたが、高野照久に助けられたことがきっかけで強さに憧れる。入江文学の指導を受けて喧嘩の腕を上げていき、行座宇都宮高校に転校して...

関連キーワード

『喧嘩商売』に登場する必殺技。強力な自己暗示により、痛みを和らげたり火事場の馬鹿力を引き出したりなど様々な効果を発揮する富田流の技で、佐藤十兵衛、入江文学らが使う。
『喧嘩商売』に登場する古武術の流派。富田勢源を開祖とする一子相伝の武術で、現在の伝承者は入江文学。文学の弟子である佐藤十兵衛も修めている。金剛、無極などの技が存在し、素手での戦闘術に優れているが、小太...

登場作品

東京から栃木の行座宇都宮高校に転校してきた男子高校生・佐藤十兵衛は、隣の席になる女子がブサイクだったという理由だけでブチ切れ担任・島田武に食って掛かるようなアホだが、転校早々チンピラ数人を一人で倒し、...