入船亭 裕蔵

入船亭 裕蔵

山遊亭海彦(漫画)の登場人物。読みは「いりふねてい ゆうぞう」。別称、裕蔵。

登場作品
山遊亭海彦(漫画)
正式名称
入船亭 裕蔵
ふりがな
いりふねてい ゆうぞう
別称
裕蔵
レーベル
モーニングKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

落語家。日本落語協会の理事で、山遊亭彦八亡き後、次期会長間違いなしと言われる権力を持つ。寡黙で渋い雰囲気を漂わせているが権力と金への執着が深く、営業仕事の斡旋とピンハネで得た金で豪邸に暮らす。再婚相手はうんと年下の若い女性。反骨心の強い海彦のことを煙たがっており、彦八の葬儀をお祭り騒ぎに仕立てた海彦に謹慎処分を言い渡した。

登場作品

山遊亭海彦

落語家山遊亭海彦は芸の腕前は一流だが酒や女に弱く私生活は乱れっぱなし。「シャレこそ落語家の命」と信じ、真打ち昇進披露と自身の生前葬を同時に開催するなど常識破りな行動を取りまくる。そのため所属する日本落... 関連ページ:山遊亭海彦

SHARE
EC
Amazon
logo