八乙女 カケル

恋と軍艦(漫画)の登場人物。読みは「やおとめ かける」。別称、カケル。

  • 八乙女 カケル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
恋と軍艦(漫画)
正式名称
八乙女 カケル
ふりがな
やおとめ かける
別称
カケル

総合スレッド

八乙女 カケル(恋と軍艦)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

小舟町の町興しにと町長の港航一が招致した映画「きみとぼく」の主演男優。アイドルの割に素朴な見た目の少年。プロ意識は高く、仕事に対しては真剣。ジャミーズ事務所所属のアイドルで、平成のウルトラジャンプと呼ばれている。彼の相手役として小舟町の少女の中から映画監督に選ばれたのが、遠藤香菜だった。

アイドルとして騒がれる割に、両親が忙しくておばあちゃんに育てられたというカケルは、香菜の祖母の用意した蒸しパンのおやつを懐かしいといって喜んで平らげるような取っ付きやすい少年。台本になかったキスシーンが入ることを仕事だからと割り切ろうとしたが、香菜がきっぱりと断ったために、自分も同じだと素直に告げる。

お互いに好きな人のことを思って抱き締めあうだけの演技をした結果、スタッフたちに「ぐっときた」といってもらえるシーンになった。

登場人物・キャラクター

両親の不仲から、田舎の小舟町に住む祖母吉本セツコに引き取られた中学1年生の女の子。小舟町町長、港航一に運動会でメダルを貰ったときから彼に恋していた。「東京者」といわれて孤立していた香菜だったが、少し変...

登場作品

両親のすれ違い生活の末、母親に引き取られた遠藤香菜だったが、その母親も仕事で海外にいることが多いため、角島県の小舟町に住む祖母の吉本セツコに引き取られた。引っ越して来たばかりの小学5年生のとき、町民体...