八十八の母

八十八の母

ハレンチ学園(漫画)の登場人物。読みは「やそはちのはは」。山岸八十八とは親族関係にある。

登場作品
ハレンチ学園(漫画)
正式名称
八十八の母
ふりがな
やそはちのはは
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公・山岸八十八の母。口が悪く、八十八のことを「ガキ」や「ジャリ」などと罵る。ハレンチ大戦争で人間の死体をブタ肉に混ぜて売るアイデアを思いつき、夫とともに戦場へ向かう。母と気づかない八十八に撃たれて死ぬ。

関連人物・キャラクター

山岸八十八

肉屋の息子。初登場時は小学一年生。一本気で親分気質。ケンカが強くて女の子にもモテるクラスの人気者。Hで悪戯好きだが純情なところもある。第一部のハレンチ大戦争では、それと知らず両親を撃ち殺してしまう。第... 関連ページ:山岸八十八

登場作品

ハレンチ学園

Hで悪戯好きな主人公・山岸八十八は、子分のイキドマリとともに小学校の入学式を迎える。柳生みつ子やアユちゃんなどのカワイコちゃんの姿を見て大喜びする八十八だったが、この学校、じつは日本一ハレンチな教師が... 関連ページ:ハレンチ学園

SHARE
EC
Amazon
logo