八墓明神

八つ墓村(漫画)の登場人物。読みは「やつはかみょうじん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八つ墓村(漫画)
正式名称
八墓明神
ふりがな
やつはかみょうじん

総合スレッド

八墓明神(八つ墓村)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

『八つ墓村』の伝説。戦国時代に、雲州富田城主の尼子義久が毛利元就との戦いに敗れ、近習(家来)7人とともに、八つ墓村へ落ちのびた。義久たちは荒地を耕すなどして生活。村人は快く迎え入れたのだったが、毛利氏の詮議が厳しくなっていくにつれ、村人たちは不安になっていく。尼子義久たち落ち武者には再起のための軍資金三千両があるという噂もあり、ある日村人は8人の落ち武者を襲い、殺害する。

刎ねられた首は無念の形相であったため、後に八つの墓を作って供養したのが八つ墓明神となる。その八つ墓明神の祟りで八つ墓村に血の雨が降るという伝説がある。

登場作品

昭和28年、寺田辰弥(田治見辰弥)はラジオの尋ね人広告で、法律事務所を訪ね、本当の父親は田治見要蔵であること、莫大な財産のある本家であること、生まれた村・八つ墓村のことを知らされる。法律事務所では祖父...