八幡

ああ播磨灘(漫画)の登場人物。読みは「やはた」。別称、八幡 悠介。

  • 八幡
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ああ播磨灘(漫画)
正式名称
八幡
ふりがな
やはた
別称
八幡 悠介

総合スレッド

八幡(ああ播磨灘)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

紫電海の後輩力士。非常に柔軟な体であることに加え、土俵に上がっても茫洋とした表情を崩さないことから「ナマコ」のあだ名で呼ばれる。初場所で播磨灘と対戦し、奮戦つたなく敗れる。しかし、播磨灘からはいつものような罵声ではなく、「マシな力士や」と、評価するような言葉をかけられた。

登場人物・キャラクター

スピードと技を重視した、近代的相撲を得意とする力士。天才肌で何事も飄々とこなすが、内面には熱いものを持っている。播磨灘が横綱昇進前に最後に土を付けた相手でもある。得意技は出し投げで、九月場所でも再三の...

登場作品

大相撲九月場所初日、新横綱播磨灘は、スポットライトを受け、戦国武者とも鬼とも取れる奇怪な仮面を被って入場するという暴挙をやってのけた。観客たちのブーイングの中、播磨灘は「自分こそが双葉山の69連勝を破...