八百比丘尼

八百比丘尼

火の鳥 異形編(漫画)の登場人物。読みは「はっぴゃくびくに」。

登場作品
火の鳥 異形編(漫画)
正式名称
八百比丘尼
ふりがな
はっぴゃくびくに
関連商品
Amazon 楽天

概要

800年を生きながらえていると言われる比丘尼。左近介に斬り殺される。

関連キーワード

蓬莱寺

『火の鳥 異形編』に登場する寺。琵琶湖のほとりにあり、800年を生きながらえていると言われる八百比丘尼が住まう寺。時空のゆがみによって、左近介はこの寺に閉じ込められる。 関連ページ:蓬莱寺

登場作品

火の鳥 異形編

残虐非道な武将、八木家正の娘左近介は、蓬莱寺に住む八百比丘尼を斬る。それは、病気になった父を八百比丘尼の治療で治させないためであった。だが、八百比丘尼を斬って目的を果たした左近介は、自分がその寺に封じ... 関連ページ:火の鳥 異形編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
左近介
可平
八木 家正
火の鳥
塙 陣太夫
場所
蓬莱寺
その他キーワード
光る羽
logo