八苑狼 夷作

八苑狼 夷作

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「やそのおおかみ いさく」。別称、フェニーチェ・イサーク・カルワーリョ。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
八苑狼 夷作
ふりがな
やそのおおかみ いさく
別称
フェニーチェ・イサーク・カルワーリョ
関連商品
Amazon 楽天

概要

逸刀流に所属する剣士の若い男性。前髪を上げて額を全開にし、肩に届くほどまで伸ばしたセミロングヘアをしている。非常に大柄で筋肉質。もともとは異国の宣教師の息子。吉乃瞳阿とは、少年時代に蝦夷地に住んでいた頃に、自宅にお腹をすかせた瞳阿が食べ物を盗みに入ったのがきっかけで知り合い、親しくなった。瞳阿が蝦夷地を去る際に「一緒に旅に出ないか」と誘われたのがきっかけで同行し、現在に至る。

吐鉤群が逸刀流を襲撃し幹部の多数を殺した事件の後、10人だけ生き残った残党の1人となった。本名は「フェニーチェ・イサーク・カルワーリョ」だが、長い名前で覚えづらいという理由から瞳阿からは「イサク」と呼ばれるようになり、さらに蝦夷地を去る際に父親から「耶蘇の大神」という意味で「八苑狼」という姓を授けられ、現在の「八苑狼夷作」という名前になった。

素朴で心優しい性格で、やや気が小さい。そのため瞳阿の傍若無人な振る舞いのフォローをすることが多い。瞳阿のことは家族同然に想っている。

関連人物・キャラクター

吉乃 瞳阿

逸刀流に所属する剣士の少女。前髪を眉上で短く切ったショートカットヘアをしている。目が小さく細くつりあがっている。もともとは蝦夷地の出身で、日本人だがアイヌ人の両親に育てられた。本名は「クイチル」だが、... 関連ページ:吉乃 瞳阿

登場作品

無限の住人

作品誕生のいきさつ沙村広明はコミックス最終巻である第30巻のあとがきで、本作『無限の住人』誕生のいきさつを語っている。もともと、沙村広明は学生時代、日本史も世界史も好きではなかった。しかし大学時代に目... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo