公文 讃

太陽の黙示録(漫画)の登場人物。読みは「くもん たすく」。

  • 公文 讃
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
公文 讃
ふりがな
くもん たすく

総合スレッド

公文 讃(太陽の黙示録)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

北日本国の反政府ゲリラ海峡同盟のリーダー。日本大震災時は陸上自衛隊員であり、震災後は北日本国に所属。だが七星会の不正を知り、告発しようとするが失敗。逃亡し、孫市権作と結託して海峡同盟を組織した。海峡同盟では規律や命令の遵守を重視し、命令違反や失敗を犯した部下を射殺することもある。

柳舷一郎の才覚や人柄を高く評価し何度も助けているが、海峡同盟としての方針や孫市の意向をより重視する。

登場人物・キャラクター

北日本国の投資企業「孫市ホールディングス」のCEO(最高経営責任者)を務める、青年実業家。北日本国の財界を牛耳る一方、七星会への対抗組織として海峡同盟を密かに組織した。七星会に対抗するため、一時的に柳...
『太陽の黙示録』の主人公の一人。箱根の山中にいた時に日本大震災に会う。当時11歳。避難の過程で記憶を失い、台湾人の夫婦に引き取られて15年間を台湾で暮らした。台湾人「舷」として暮らしていたが断片的に記...

関連キーワード

日本大震災によって分断された北海道、東北、北関東、中部地方を含む土地。「ノースエリア」と呼ばれる。震災時に政府が避難した札幌が首都となる。柳拓磨の要請で中国がいち早く援助に入るも、そのため事実上中国に...
『太陽の黙示録』に登場する組織。北日本国でゲリラ的に活動する武装組織。かつて紀伊半島だった島々を拠点としていた。表向きは元自衛官の公文讃がリーダーだが、実は孫市権作が黒幕であり、「孫市ホールディングス...

登場作品

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台...