公転発電機

公転発電機

LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-(漫画)に登場する技術。読みは「かれんだーどらいぶ」。

登場作品
LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-(漫画)
正式名称
公転発電機
ふりがな
かれんだーどらいぶ
関連商品
Amazon 楽天

概要

フガクが人類に授けた第一の知。太陽系12惑星の重力波を受けて電気を生み出す発電機。100年前に早座(さくら)という少女が初めてフガクの声を聞き、フガクから得た知識で世界最初の公転発電機が作られた。サクラが亡くなった後も、同じ脳構造を持つ女性の巫女が後を継いでいる。

登場作品

LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-

辺境の島に祖父と住むランポが助けた少女、ヨシノはフガクと交信できるジェファン神国の巫女だった。神国軍のロボット衛士にヨシノをさらわれ、戦いで祖父も亡くなってしまう。ヨシノを追って統京へと向かうランポと... 関連ページ:LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-
logo