六条御息所

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「ろくじょうのみやすどころ」。葵の上とはライバル関係。

  • 六条御息所
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
六条御息所
ふりがな
ろくじょうのみやすどころ

総合スレッド

六条御息所(あさきゆめみし)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

前の春宮の后であり、秋好中宮の母。教養深いことで知られており、非常に高貴な貴婦人。当初は光源氏のアプローチを拒んでいたが、次第に心惹かれていく。しかし年上の寡婦であることに負い目があり、光源氏の愛人であることと自尊心の間で苦しむこととなる。強く光源氏を愛し、気位の高い女性であるがゆえに、心底では光源氏と関係のある女性に強い嫉妬心を抱き、その強烈な思いが怨念となって様々な人物に影響をもたらす。

後年は自らを律するため、娘が伊勢の斎宮となったのを機に娘とともに伊勢へ同行し、光源氏と距離を置くようになる。帰京後は出家し、娘の後見となってくれるよう光源氏に託し、亡くなる。

登場人物・キャラクター

頭の中将が恋愛遍歴の一つとして光源氏に語って聞かせた女性。頭の中将がかつて恋人としており、娘を一人もうけていた。しかし正妻との折り合いが悪く、頭の中将には知られぬまま行方知れずとなる。後日、偶然光源氏...
桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様...
左大臣の娘であり、頭中将の妹。光源氏より4歳年上の正妻。母・大宮は桐壺帝と兄妹であり、光源氏とは従姉弟同士。もともとは帝の妻となるため教育されたため気位が高く、感情を表に出さないが、不器用なだけで本心...

登場作品

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人...