六道 りんね

境界のRINNE(漫画)の主人公。読みは「ろくどう りんね」。

  • 六道 りんね
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
境界のRINNE(漫画)
正式名称
六道 りんね
ふりがな
ろくどう りんね

総合スレッド

六道 りんね(境界のRINNE)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『境界のRINNE』の主人公のひとり。死神とのハーフの父と人間の母を持つクォーター。赤毛赤眼の高校生。1年4組で、席は真宮桜の隣。学生生活のかたわら、幽霊の未練を断ち切り、輪廻の輪に乗せる死神のような仕事をしている。父はだまし神の六道鯖人、父方の祖母は名誉死神の魂子

常に貧乏で取り壊し寸前の校内のクラブ棟に内緒で住んでいる。相談事と一緒に届けられる学校の百葉箱へのお供えは、貴重な食糧源。学内でも依頼を受けているものの、死神道具にも金がかかるため、大概は赤字に。中学時代のジャージが基本スタイル。その上に、たまに黄泉の羽織を羽織っている。よく造花の内職などをしている。

高校に入った春に人間の祖父が亡くなるまでは、人並みの生活だった。借金体質の父を持っており、苦労性。

関連キーワード

六道りんねが羽織っている着物。元は魂子が着ていたもの。着た者を幽体化させ、常人には見えなくする力がある。また、霊道を使っての移動や空中浮遊なども可能に。リバーシブル仕様で、裏返して幽霊に着せると逆に実...

登場作品

幽霊が見える高1の女の子・真宮桜が、隣の席の死神みたいな仕事をしている貧乏なクラスメイトの少年・六道りんねを手伝うことに。この世に未練のある幽霊たちを輪廻の輪に送り届けて成仏させるため、ない知恵と予算...