内田 百閒

阿房列車(漫画)の主人公。読みは「うちだ ひゃっけん」。別称、先生。

  • 内田 百閒
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
阿房列車(漫画)
正式名称
内田 百閒
ふりがな
うちだ ひゃっけん
別称
先生

総合スレッド

内田 百閒(阿房列車)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

小説家。「用事がなく列車に乗る」ことに価値があると、旅程を「阿房列車」(あほれっしゃ)と名付け旅に出る。時刻表で綿密に計画を練るが、あらかじめ切符を購入すると時間に縛られるため基本的に当日購入する、借金をしてでも往路は一等車に乗るなどのこだわりを持つ。津軽海峡に水雷が浮いているかもしれぬという心配から北海道には行きたくないと考えている。

動悸持ちの結滞屋(脈拍が不規則になること)。

登場作品

一條裕子が内田百閒の「乗り鉄」紀行文を漫画化した作品。用事のない鉄道旅行に出かける内田百閒のうんちくがつづられており、昭和初期の列車文化をはじめ街の様子などが詳細に描かれている。鉄道関連監修は、梅原淳...