写楽 保介

悪魔島のプリンス 三つ目がとおる(テレビアニメ)の主人公。読みは「しゃらく ほうすけ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
悪魔島のプリンス 三つ目がとおる(テレビアニメ)
正式名称
写楽 保介
ふりがな
しゃらく ほうすけ

総合スレッド

写楽 保介(悪魔島のプリンス 三つ目がとおる)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

赤ん坊の時に、犬持医師に預けられ養子として育てられた少年。額に第三の目を持つ、超古代文明を築いた種族三つ目族の末裔。第三の目が露になると、人類を凌駕する知能とテレキネシスを使う。しかし、その能力が災いになると判断した養父の犬持医師の方針で第三の目が絆創膏で隠されている時には、中学生になっても幼稚園児並の知能しかない無邪気な少年になってしまった。

中学二年生の時、謎の生物人面鳥に襲われたことをきっかけに、自分が三つ目族であることを知り、世界征服を企む秘密結社ネオナチに狙われる。

三つ目族としての能力が発現した時には、「アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク われと共に来たり われと共に滅ぶべし」と呪文を唱え、無限のパワーを持つ祭具赤いコンドルを使う。

登場作品

超能力を持つ種族三つ目族の末裔写楽保介は、その出自を隠されて、育ての親である犬持医師の元で暮らしていた。十四歳になった写楽保介は、謎の生物人面鳥に襲撃される。偶々人面鳥を目撃して、その謎を捜査している...