冥府魔道

子連れ狼(漫画)に登場する用語。読みは「めいふまどう」。

  • 冥府魔道
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
子連れ狼(漫画)
正式名称
冥府魔道
ふりがな
めいふまどう

総合スレッド

冥府魔道(子連れ狼)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

拝一刀が、自分と拝大五郎について説明するとき、よく使う言葉。すでに武士ではなく、目的のためには手段を選ばない、修羅の道を歩んでいることを指す。

登場作品

江戸時代。裏柳生を率いる柳生烈堂の奸計により公儀介錯人の地位を追われ、さらに妻を殺された拝一刀は、生き残った一子の拝大五郎と共に、刺客稼業を続ける。子連れ狼と呼ばれるようになった一刀と大五郎は烈堂へ復...