冬木 道無

カムイ伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「ふゆき どうむ」。別称、不知火の才蔵。石谷十蔵貞清とはライバル関係。

  • 冬木 道無
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝 第二部(漫画)
正式名称
冬木 道無
ふりがな
ふゆき どうむ
別称
不知火の才蔵

総合スレッド

冬木 道無(カムイ伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

医者。草加竜之進と知り合い、娘のアヤメと一緒に、行動を共にする。その正体は、義賊不知火党の首魁。かつて、妻が切支丹だっために島原の乱に参加したが、幕軍の石谷十蔵に妻子を殺される。それにより十蔵と対決し、さらには十蔵の娘を攫い、自分の娘として育てた。

長き歳月を経て、再び十蔵と対決する。

登場人物・キャラクター

普段は、かつて苦難を共にした笹一角の名前を使っている。宮城音弥や冬木道無と娘のアヤメと知り合ったことから、しだいに幕閣の動きとかかわっていく。音弥とは念者の契を結んだ。アヤメを妻として、医者になるべく...
旗本。北町奉行。大坂の陣や島原の乱にも参戦した古強者。島原の乱で、当時、不知火の才蔵と名乗っていた冬木道無の妻子を殺している。誘拐されたアヤメの件に絡んで、島原の乱の時に続き、道無と再戦。道無に破れる...

登場作品

徳川幕府の四代将軍徳川家綱の治世。自然界でも人間界でも、生きるための戦いが続いていた。日置大一揆を経て、道を求める草加竜之進。新たな理想を目指す正助。彼らを陰から助けるカムイ。老中酒井忠清の野望にかか...