冴ノ山 紀洋

火ノ丸相撲(漫画)の登場人物。読みは「さえのやま のりひろ」。

  • 冴ノ山 紀洋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
火ノ丸相撲(漫画)
正式名称
冴ノ山 紀洋
ふりがな
さえのやま のりひろ

総合スレッド

冴ノ山 紀洋(火ノ丸相撲)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

柴木山部屋の幕内力士で、西前頭九枚目。柴木山親方に横綱への夢を託されている、柴木山部屋の出世頭。物静かで礼儀正しい人物で、稽古前には格下の力士達にも挨拶を忘れず、火ノ丸にも丁寧な口調で接する。背格好が久世草介と近く、辻桐仁は冴ノ山を仮想・久世草介として火ノ丸の出稽古先に選んだと思われる。

稽古では火ノ丸を軽々とあしらい、火ノ丸もその実力を久世草介以上と評するが、もし両者が戦えばどちらが勝つのか想像がつかない、とも感じている。

登場人物・キャラクター

大相撲の横綱を目指している大太刀高校の1年生。小学生相撲では無敵だったが以後、背が伸びず、中学では成績を残せずにいた。だが諦めず己を鍛え続け、高校相撲での日本一を目指す。小学生時代の成績から「国宝・鬼...

登場作品

大相撲入りをして横綱を目指す少年・潮火ノ丸は、体が小柄というハンデにも屈さず自らを鍛えてきた。大太刀高校の相撲部に入った火ノ丸は、道場を占拠していた不良・五條佑真との勝負で道場を取り戻し、部長の小関信...