冴木 由子

冴木 由子

ぎんぎつね(漫画)の登場人物。読みは「さえき ゆうこ」。冴木まこととは親族関係にある。

登場作品
ぎんぎつね(漫画)
正式名称
冴木 由子
ふりがな
さえき ゆうこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

冴木まことの実母。冴木神社の14代目だったが、まことが幼い頃に亡くなった。夢見がちだがいたって普通の女性だった。高校の時、冴木神社に配達にきていた達夫に一目惚れされ、後に結婚した。神眼を持ち、先が短い自分の代わりにまことを見守ってくれるよう、神使の銀太郎に頼んだ。

関連人物・キャラクター

冴木まこと

冴木神社の15代目跡取り娘。16歳の高校2年生。おせっかいで優しく、かなりおっちょこちょい。何があってもめげない強さを持つ。母親の葬儀の日に、神使(神の使い)の狐、銀太郎が見えるようになった。幼い頃か... 関連ページ:冴木まこと

関連キーワード

冴木神社

冴木まことの家。江戸時代から続く小さな稲荷神社。豊穣の神、宇迦之御魂大神(うかのみたまものおおみかみ)を祀っている。神使は銀太郎と金次郎だが、金次郎は現在行方不明。 関連ページ:冴木神社

登場作品

ぎんぎつね

冴木神社の15代目跡取りである冴木まことは、一見普通の女子高生だが不思議な能力をもっている。神使の狐、銀太郎が見えるのだ。将来を占ったり探しものを見つけたりするのがと得意な銀太郎の能力を、困っている人... 関連ページ:ぎんぎつね

SHARE
EC
Amazon
logo