冴木 達夫

冴木 達夫

ぎんぎつね(漫画)の登場人物。読みは「さえき たつお」。別称、達夫。冴木 まこととは親族関係にある。

登場作品
ぎんぎつね(漫画)
正式名称
冴木 達夫
ふりがな
さえき たつお
別称
達夫
関連商品
Amazon 楽天

概要

冴木まことの実父。冴木神社の宮司。婿養子なので神使の銀太郎は見えないが、その存在はなんとなく感じている。早くして妻を亡くし、男手一つで育ててきたまことを誰よりも理解し、見守っている。のんびりとした心の広い人物だが、かなり天然で不思議な世界観を持っているため、人の心が読める銀太郎からでさえ「何を考えているかわからない」と一目置かれている。

社務所は近所のおばさんたちのたまり場となっている。

関連人物・キャラクター

冴木 まこと

冴木神社の15代目跡取り娘。16歳の高校2年生。おせっかいで優しく、かなりおっちょこちょい。何があってもめげない強さを持つ。母親の葬儀の日に、神使(神の使い)の狐、銀太郎が見えるようになった。幼い頃か... 関連ページ:冴木 まこと

関連キーワード

冴木神社

冴木まことの家。江戸時代から続く小さな稲荷神社。豊穣の神、宇迦之御魂大神(うかのみたまものおおみかみ)を祀っている。神使は銀太郎と金次郎だが、金次郎は現在行方不明。

登場作品

ぎんぎつね

神社の15代目跡取りで神眼を持つ少女の冴木まことと、神使の狐である銀太郎の日常を描いた長編。神社や神々にまつわる事柄を織り交ぜながら、人間の暖かさや強さを語っていく。 関連ページ:ぎんぎつね

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
冴木 まこと
銀太郎
神尾 悟
ハル
池上 ユミ
船橋 日輪子
絹川 泰介
logo