凪 卓海

凪 卓海

サイハテドライブ(漫画)の主人公。読みは「なぎ たくみ」。別称、たっくん(凪卓海)。

登場作品
サイハテドライブ(漫画)
正式名称
凪 卓海
ふりがな
なぎ たくみ
別称
たっくん(凪卓海)
関連商品
Amazon 楽天

概要

鼎学園に通う高等部1年生。おとなしい性格の少年。2月20日生まれのうお座。元有名卓球選手の凪三郎を父親に持ち、卓球の英才教育を受けて育ったエリート。卓球の技量は非常に高く、意外性はないが、正確無比なプレイが持ち味とする。小学生の頃は向かうところ敵なしで、各種大会の表彰台の常連だった。小学4年生の時から嵐場一己に一方的にライバル視されているが、本人は意に介していなかった。

中学3年生の時、進学先を決めるために卓球の強豪校である鼎学園に見学に行った際、一己との練習試合に敗れ、彼の「俺はお前とは戦っていない」という言葉に触発されて、鼎学園への入学を決める。有望な卓球少年だった亡き兄の凪卓人の後継者として、両親に言われるがまま卓球を始めたが、母親の凪美咲貴が自分を通して亡くなった卓人の姿を見ている事に気が付いており、内心では忸怩(じくじ)たる思いを抱いている。

一己が「卓人の幻影」ではなく、「自分自身」を一人の人間として認めてくれる事を嬉しく思っている。普段の生活ではおとなしく能天気で、どことなく天然な、ごく普通の少年。しかし、ひとたび卓球の試合となると、長年のトレーニングに裏打ちされた、正確で巧みなプレイを披露する。

実はかなり負けん気が強く、特に一己には絶対に負けたくないと思っている。試合の勝利後に、右腕と左足を同時に上げる奇妙なポーズをとるのが特徴。美咲貴からは「たっくん」と呼ばれている。

登場作品

サイハテドライブ

有名な卓球一家に生まれ育った少年、凪卓海と、ライバル関係にある血気盛んな少年、嵐場一己が、共に高校卓球界の頂点を目指して切磋琢磨する青春ストーリー。「ミラクルジャンプ」2016年第3月号から2017年... 関連ページ:サイハテドライブ

SHARE
EC
Amazon
logo