分身被害者A子

分身被害者A子

アトモスフィア(漫画)の登場人物。読みは「ぶんしんひがいしゃえーこ」。別称、A子。

登場作品
アトモスフィア(漫画)
正式名称
分身被害者A子
ふりがな
ぶんしんひがいしゃえーこ
別称
A子
関連商品
Amazon 楽天

概要

わたしと同世代らしき、分身被害者の女子高校生。守る会武蔵野支部のメンバーで、A子と同世代の女性はわたしが加入するまでいなかったという。高校に通っていたが、分身に生活を乗っ取られてしまう。楽観的で深く考えない性格であり、わたしからはバカだと思われている。

支部長に好意を持っている。なお、A子の分身の遺体を検めた警察は、外見から「13~18歳」と推測していた。髪は明るく、学校に通っていなくても紐ネクタイの学生服をふだんから着ている。

関連人物・キャラクター

「守る会」の支部長

守る会武蔵野支部の支部長。彼自身が分身現象の被害者であり、他の被害者たちと連絡を取り合い、小さなグループを作ったのち、同じようなグループと統合されて生まれた守る会の支部長となった。髪は明るく、いつも澄... 関連ページ:「守る会」の支部長

関連キーワード

守る会

『アトモスフィア』に登場する組織。東京都心に本部があり、武蔵野市、ドイツ、中国などに支部がある。公的に認められた組織ではなく、初期においてその活動の力そのものは小さかった。「分身現象」の被害者が集まっ... 関連ページ:守る会

登場作品

アトモスフィア

現代と思しき日本が舞台のSF作品。一人称小説のように、主人公であるわたしのモノローグによって物語が進行する部分と、わたしではなく警部によって進行する部分で構成されている。「分身現象」と呼ばれる、自分の... 関連ページ:アトモスフィア

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
わたし
「守る会」の支部長
集団・組織
守る会
その他キーワード
分身発見器
logo