分身魔球

分身魔球

侍ジャイアンツ(漫画)で番場蛮が投げた最後の魔球。

登場作品
侍ジャイアンツ(漫画)
正式名称
分身魔球
ふりがな
ぶんしんまきゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和49年のセ・リーグペナントレースの天王山は、読売ジャイアンツと中日ドラゴンズの三連戦。このとき、が使ったのがこの魔球。これまでの魔球と異なって、比較的通常のフォームでありながら握力で硬球を握り潰し、そのまま投げる。すると、ボールは横に3つから5つになって分身する。

この魔球をわずか1ヶ月で習得し、川上哲治監督も、何故分身するのか、どのような特訓をしたのかに聞いたが、教えてはもらえなかった。結局、この天王山三連戦で、はこの分身魔球を多投することになる。

登場作品

侍ジャイアンツ

1970年代。土佐生まれの、八方破れな自称サムライの高校生番場蛮が主人公。紳士野球を変えたいと、読売ジャイアンツ監督の川上哲治が蛮を入団させる。そこで、蛮は独自の魔球を考案。血のにじむような努力と根性... 関連ページ:侍ジャイアンツ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
侍ジャイアンツ
logo