分隊長

分隊長

荒鷲少年隊(漫画)の登場人物。読みは「ぶんたいちょう」。

登場作品
荒鷲少年隊(漫画)
正式名称
分隊長
ふりがな
ぶんたいちょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

予科練の責任者。階級は大尉。情の深い公平な性格で、訓練生の中から荒鷲少年隊の候補を選ぶ時には、鬼頭の選抜した中に成績優秀者の古城健の名前がなく、父親が海軍大将の嵐十郎が入っていた事に対してひいきは良くないと進言している。さらに問題児であるには観察期間を設けて候補への猶予を与える。

ブンヤの脱走騒ぎの時には、潜水艦と戦闘になったという話を聞き嘘ではないかと疑ったが、その時の様子をたまたま上空から目撃していた少佐の説得により不問にしている。その後、海上警備隊の調べが進む中で事実と分かり、送られてきた表彰状にブンヤの名前を書き加えて手柄にさせたの心の広さを讃えた。

人一倍兄想いのの事を心配して、古城少佐の脱走の話は知らせないように鬼頭に命じている。

登場作品

荒鷲少年隊

昭和15年の中国戦線で、新型戦闘機〇戦一一型に乗り瞬く間に敵機12~13機を撃ち落とした撃墜王古城少佐は、突如敵側の方角に飛び去るとそのまま行方をくらませてしまった。同じ頃、日本で優秀な戦闘機乗りを育... 関連ページ:荒鷲少年隊

SHARE
EC
Amazon
logo