利鎌 竜平

利鎌 竜平

柔道讃歌(漫画)の登場人物。読みは「とがま りゅうへい」。別称、利鎌。輝子とはライバル関係。

登場作品
柔道讃歌(漫画)
正式名称
利鎌 竜平
ふりがな
とがま りゅうへい
別称
利鎌
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公・巴突進太の高校のクラス担任で国語教師。利鎌の姓は養子先のもので旧姓は不忍。文学青年だったが、講道館柔道六段の兄・不忍剛介が女三四郎・朝香輝子に敗北し、死に追いやられたことをきっかけに講道館に入門、柔道を始める。常軌を逸した練習や、山籠もり特訓で鬼利鎌の異名をとる。

修行の末、ついに殺人的必殺技・天地がえしを編み出すが、その技で数人の柔道家を半殺しにしてしまい、講道館を永久追放される。復讐のことも忘れ、県立紅洋高校へ赴任したところへ、仇敵、輝子の存在を知り、その息子・突進太への復讐を宣言する。以後、紅洋高校柔道部のコーチに就任。

殺人的なスパルタ教育で突進太をいじめぬくが、じつは突進太に「柔よく剛を制す」の可能性を見出しており、彼を奮起させるためであった。一時期、輝子と恋愛関係になるが、母を取られると感じた突進太の自殺未遂により破局。紅洋高校を去り、飛騨高校柔道部の監督に就任後、日米親善試合選抜チームのコ-チなどを経て、鬼道塾を設立。

講道館のスポーツ化した柔道と決別して、必殺武道としての柔道の復活を目指す。鬼道塾のアピールのため、一選手として全日本柔道選手権大会に出場。突進太との死闘を制し日本一に輝く。鬼道塾も軌道に乗り、自身も世界選手権大会に出場。必殺技・山嵐を引っさげた突進太と最後の師弟対決を行う。

関連人物・キャラクター

巴突進太

小柄な体格ながら、ケンカに強く、柔道に天賦の才がある。母子家庭に育ち、大のマザコン。母・輝子が作る「アジのタタキのシソの葉まぶし」と「オハギ」が大好物。初登場時は高校一年生。女三四郎の異名を取った天才... 関連ページ:巴突進太

輝子

主人公・巴突進太の母で未亡人。突進太が子どもの頃から、喧嘩で負けて帰ると「勝つまで家に入れない」と再び喧嘩に戻るよう言い渡す激しい気性。ただ厳しいだけではなく、限りない愛情もそそぐ。旧姓は朝香で、講道... 関連ページ:輝子

関連キーワード

鬼道塾

『柔道讃歌』に登場する組織。必殺の柔道を標榜する利鎌竜平が講道館に対抗して設立した団体。黒い柔道着と、胸の「鬼」の字がトレードマーク。利鎌が全日本柔道選手権大会に優勝したことで全国の若者が集まり、柔道... 関連ページ:鬼道塾

天地がえし

『柔道讃歌』に登場する必殺技。講道館の鬼と言われた利鎌竜平が編み出した技。体落としを連続でかけるため、相手の体が高く舞い上がり、受け身不能となる。殺人的な威力を持ち、何人もの柔道家を半殺しにした。 関連ページ:天地がえし

登場作品

柔道讃歌

外房・九十九里の漁村で育った少年・巴突進太は、小柄ながら喧嘩に明け暮れる暴れん坊。母・輝子はそんな息子を叱るどころか、「勝って帰るまで家に入れない」と厳しく言い放つ気性で、2人は村で「母子シャチ」と呼... 関連ページ:柔道讃歌

SHARE
EC
Amazon
logo