則近 緑

則近 緑

GEI-SYA -お座敷で逢えたら-(漫画)の登場人物。読みは「のりちか みどり」。

登場作品
GEI-SYA -お座敷で逢えたら-(漫画)
正式名称
則近 緑
ふりがな
のりちか みどり
関連商品
Amazon 楽天

概要

斉藤直子が働いていた乗馬クラブの常連で、彼女の憧れの存在。職業は婦人科医。母親が元芸者で、花柳界の事情にも詳しい。斉藤直子が住み込みで働いている置屋、ふじ家の隣に住んでおり、藤松こと氏家裕太郎とも顔見知り。氏家裕太郎の母、氏家小百合とは、学生時代、男女の関係にあり、死後も彼女のことを忘れられずにいる。

また、とある理由からED(勃起不全)になり、そのこともあって恋人を作ることを避けている。

関連人物・キャラクター

氏家裕太郎

18歳。大学生。斉藤直子が芸者修行することになった置屋、ふじ家を経営する藤千代の孫。母親は売れっ子芸者だった藤乃。彼女が娘を欲しがっていたため、幼い頃は女の子として育てられた。そのため周囲からはお嬢と... 関連ページ:氏家裕太郎

関連キーワード

ふじ家

『GEI-SYA -お座敷で逢えたら-』に登場する置屋。斉藤直子が住み込みで働いている。斉藤直子が芸者になるきっかけを作った藤松の祖母、藤千代が経営している。 関連ページ:ふじ家

登場作品

GEI-SYA -お座敷で逢えたら-

山梨の乗馬クラブで馬の世話をしていた斉藤直子は、友人の結婚式で見かけた芸者(半玉)藤松の美しさに衝撃を受け、芸者を目指して上京。しかし、面接で24歳という年齢では憧れる半玉になれないと知り、思わず18... 関連ページ:GEI-SYA -お座敷で逢えたら-

SHARE
EC
Amazon
logo