前田 ハチベエ

前田 ハチベエ

あいこら(漫画)の主人公。読みは「まえだ はちべえ」。

登場作品
あいこら(漫画)
正式名称
前田 ハチベエ
ふりがな
まえだ はちべえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京の高校、坂下門学園(さかしたもんがくえん)に通う15歳の高校1年生男子。進学を機に上京しており、男子寮が全焼している事情から女子寮の離れで暮らしている。茶髪であり、容姿や体格はどこにでもいる男子高校生。瞳や胸、脚といった女性の“パーツ”に異常な愛着をもつフェチシズムの持ち主で、理想のパーツをもつ女性を常に追い求めている。

そのため、女性を見ると一瞬でパーツの好みを判断することができる。このフェチシズムは、亡き父親が「自分にとっての最高の女を探す」目印としてパーツに注目していたことも起因している。また、パーツに関わる事柄には類まれなる行動力とパワーを発揮しており、全国に名のしれた関東最強の暴走族を1人で全滅させたこともある。

フェチがきっかけでトラブルを起こすことも多い一方、理想のパーツをもつ女性たちのピンチを救うことも多く、複数の女性から好意を抱かれている。さらに、理想の青い瞳をもつ天幕桜子に対しては、パーツ愛を越えた恋愛感情を抱くようになり、フェチシズムとの板挟みに葛藤するようになる。

登場作品

あいこら

前田ハチベエは、見た目こそどこにでもいる15歳の男子だが、女性の瞳、胸、脚といった部位“パーツ”に異常なこだわりをもち、理想のパーツを追い求めるフェチシズムに情熱を傾けていた。そして、彼は高校進学を期... 関連ページ:あいこら

SHARE
EC
Amazon
logo