前田 利家

前田 利家

豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)の登場人物。読みは「まえだ としいえ」。別称、前田犬千代。

登場作品
豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)
正式名称
前田 利家
ふりがな
まえだ としいえ
別称
前田犬千代
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物前田利家がモデル。織田信長の近習として、清洲城下で針売りをしていた木下藤吉郎 (後の豊臣秀吉)と出会う。織田信長が寵愛する小姓の愛智十阿弥を殺めてしまったことから勘当された。勘当されたまま田楽狭間の戦い(桶狭間の戦い)に出陣して大怪我を負い、木下藤吉郎たちの取り成しによって、再度織田家に仕えるようになる。

後に「加賀百万石」を治める大名、前田利家となる。

登場作品

豊臣秀吉 異本太閤記

足軽から身を起こして戦国時代を駆け抜け、天下統一を果たして安土桃山時代の一翼を担った豊臣秀吉の生涯を描く伝記。山岡荘八原作の小説を横山光輝が漫画化。 関連ページ:豊臣秀吉 異本太閤記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
豊臣 秀吉
logo