前田 利家

前田 利家

豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)の登場人物。読みは「まえだ としいえ」。別称、前田犬千代。

登場作品
豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)
正式名称
前田 利家
ふりがな
まえだ としいえ
別称
前田犬千代
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物前田利家がモデル。織田信長の近習として、清洲城下で針売りをしていた木下藤吉郎 (後の豊臣秀吉)と出会う。織田信長が寵愛する小姓の愛智十阿弥を殺めてしまったことから勘当された。勘当されたまま田楽狭間の戦い(桶狭間の戦い)に出陣して大怪我を負い、木下藤吉郎たちの取り成しによって、再度織田家に仕えるようになる。

後に「加賀百万石」を治める大名、前田利家となる。

登場作品

豊臣秀吉 異本太閤記

応仁の乱後の弱肉強食の戦国時代。天文5年正月元旦、尾張の足軽木下弥右衛門に、1人の男子が生まれた。日吉と名付けられたその子は、三河で僧の随風(後の天海)に天下取りの人相見を受ける。元服後、日吉は木下藤... 関連ページ:豊臣秀吉 異本太閤記

SHARE
EC
Amazon
logo