前田 慶次

前田 慶次

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の主人公。読みは「まえだ けいじ」。別称、一夢庵ひょっとこ斎。佐々成政とはライバル関係。前田利家とは親族関係にある。

登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
前田 慶次
ふりがな
まえだ けいじ
別称
一夢庵ひょっとこ斎
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦好きといういくさ人。負け戦にこそ自分の身の置きどころがあると考えており、愛馬・松風とともに無人の野を行くがごとく戦場を駆け巡り、技ではなく膂力を活かして長槍や豪刀を振るい、眼前の敵を一刀両断にする。

また、ウィットに飛んだユーモアのセンスも持ち合わせており、これで周囲の人々を笑顔にするが、諍いの場では相手を苛立たせ先に刃を抜かせてしまう。前田家を出奔して京都を拠点とし、やがて噂を聞きつけた時の天下人である豊臣秀吉と謁見。

そこで見事な振る舞いを見せ、今後どこでも自分の意地を通すことを許す傾奇御免の御意を受ける。各地を転戦して豪勇を奮ったのちに琉球へと渡り、そこで生涯の伴侶となる利沙を得た。徳川家康の天下を決定づけた関が原の戦いが終わると、剃髪して一夢庵ひょっとこ斎を名乗り、旧知の友・直江兼続の誘いを受けて米沢の上杉家の世話になることを決めた。

関連人物・キャラクター

直江兼続

日本の戦国時代の武将・直江兼続をモデルとしている。越後の大名・上杉景勝の右腕と呼ばれた上杉家の筆頭重臣。前田慶次が上杉家の小姓たちと決闘騒ぎを起こしたことで慶次と知り合った。立会人として決闘を見届け、... 関連ページ:直江兼続

豊臣秀吉

日本の戦国時代の武将・豊臣秀吉をモデルとしている。時の天下人で、傾奇者として名を馳せる前田慶次の噂を聞き、面会を望んでいた。ようやくそれが叶い、噂通りの傾きぶりに加え、豊臣秀吉を殺そうと狙っていた肝の... 関連ページ:豊臣秀吉

まつ

日本の戦国時代の女性・芳春院をモデルとしている。加賀の大名・前田利家の正室で、高い身分でありながらも街へふらりと出かけるような純粋で気さくな性格。家中の誰からも慕われている。前田利家の死後、その子前田... 関連ページ:まつ

前田利家

日本の戦国時代の武将・前田利家をモデルとしている。かつては織田家きっての猛将として知られていたが、老齢となり家を守るために図体だけ大きな小心者に成り下がった。前田慶次の人気に嫉妬し、いずれ自分の地位を... 関連ページ:前田利家

佐々成政

日本の戦国時代の武将、佐々成政をモデルとしている。かつての主君・織田信長を崇拝している越中の大名で、徳川家康が起こした小牧長久手の戦いに呼応して、前田利家の末森城を攻めた。前田慶次が単騎で本陣を急襲し... 関連ページ:佐々成政

利沙

海族・与四郎の娘で、茶人として名を馳せた千利休の孫娘にあたる女性。女神を思わせるほどの美貌と慈愛に溢れた清らかな心の持ち主で、前田慶次をはじめ、イスパニア人のカルロスや琉球王・尚寧が惚れ込んだ。琉球の... 関連ページ:利沙

上杉景勝

日本の戦国時代の武将・上杉景勝をモデルとしている。名将として名高い上杉謙信の跡目を継いだ重圧により、家臣の前では笑顔を見せることがなく、常に眉間に深い皺を寄せている。前田慶次が上杉家の小姓たちとの決闘... 関連ページ:上杉景勝

伊達小次郎

日本の戦国時代の武将・伊達小次郎をモデルとしている。伊達政宗の弟。母親の保春院に溺愛されており、伊達政宗を排除し、伊達家の新たな当主に据えられようとしていた。保春院の伊達政宗毒殺未遂の責任を取り、切腹... 関連ページ:伊達小次郎

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo