前田 朱利

ましろのおと(漫画)の登場人物。読みは「まえだ しゅり」。

  • 前田 朱利
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ましろのおと(漫画)
正式名称
前田 朱利
ふりがな
まえだ しゅり

総合スレッド

前田 朱利(ましろのおと)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

梅園学園一年生。ショートカットで大きな目をした女子高生。主人公、澤村雪のクラスメイト。不器用で人と話すのが苦手。男性からは好かれるが女性からは「ブリっ子」と思われ敬遠されがち。山里結矢口海人とは幼馴染である。祖母が戦時中疎開先で聴いたという津軽三味線の音を再び聴かせようと、一人で梅園学園津軽三味線愛好会で活動していた。

登場人物・キャラクター

梅園学園二年生。山里結、前田朱利とは幼馴染。サッカーのスポーツ推薦で高校へ入学したが、練習試合で左ひざ半月板を損傷、プロへの道を断念。好きなことができるのに才能を活かさない澤村雪に苛立ちつつも、過去の...
16歳の津軽三味線奏者。育ての親で師でもある祖父・澤村松吾郎を亡くし、「自分の音」を探して青森から東京へやってくる。祖父譲りの才能を持つが、プロのように安定した演奏ができるわけではなく、自らが意義を見...

関連キーワード

『ましろのおと』の舞台となる私立梅園学園のクラブ。顧問は小藪啓子。当初は前田朱利一人で活動していたが、後に澤村雪、山里結、矢口海人、永森雷が入部。みんなで津軽三味線甲子園「松吾郎杯」を戦うことになる。...

登場作品

16歳の津軽三味線奏者・澤村雪は、育ての親で師匠でもある祖父・澤村松吾郎を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまう。故郷青森に「自分の音」が無くなったと感じた雪は、思い付きで東京へ。母親に強引に入学さ...