剛 侠太郎

拳児(漫画)の登場人物。読みは「ごう きょうたろう」。別称、剛侠。剛拳児とは親族関係にある。

  • 剛 侠太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
拳児(漫画)
正式名称
剛 侠太郎
ふりがな
ごう きょうたろう
別称
剛侠

総合スレッド

剛 侠太郎(拳児)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

剛拳児の祖父で、小学生の剛拳児に中国拳法の八極拳を教えた。元気なお調子者だが、夏休みを利用して剛拳児が本格的に八極拳の修行を開始した際には、彼が弱音を吐くほどに厳しい面を見せた。日中戦争に従軍した際に命を助けてもらった恩人に再会するため、単身で中国に渡航し、消息不明に。

それから数年後、剛拳児剛侠太郎を追って中国に渡った際、土地に馴染むために剛侠(カン・シア)と名乗っていたことが判明する。

登場人物・キャラクター

小学生の頃に祖父・剛侠太郎より習った中国拳法の八極拳に熱中する。一見すると真面目で大人しそうだが、実は負けず嫌いで義侠心に厚く、易者から英雄の相があり、波瀾万丈な人生を歩むと言われていた。剛侠太郎が中...

登場作品

やんちゃ盛りの小学生・剛拳児は、祖父の剛侠太郎から中国拳法の八極拳を学んでいた。ある日、剛侠太郎は日中戦争時代に恩を受けたかつての知人を訪ねるため、単身中国に渡航する。それから時が流れ、剛拳児は強さの...