剛力番長

金剛番長(漫画)の登場人物。読みは「ごうりきばんちょう」。別称、白雪宮 拳。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
金剛番長(漫画)
正式名称
剛力番長
ふりがな
ごうりきばんちょう
別称
白雪宮 拳

総合スレッド

剛力番長(金剛番長)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

金剛番長を助太刀する4人の番長連合のひとり。本名は白雪宮拳。一見すると小柄な女子高生のようだが、特異体質によって重機をも凌駕する怪力を持つ少女。23区計画によって港区を統括していた番長でもある。初登場時は聖ヴェロニカ学園の2年生。非常に強い正義感を持つが、その正義をふるう際に周囲への配慮を欠いており、しばしば力を持たない一般人を危険に晒していた。

そのことを金剛番長に諭され、やがて彼と行動を共にすることになる。身体能力だけでなく、食欲も見た目からはかけ離れており、牛一頭を使ったちゃんこ鍋を「間食」として軽くたいらげてしまう。また、武器として愛用する巨大なふたつの鉄球も、「しおチャンコ」と「みそチャンコ」と好物にちなんだものになっている。

登場作品

日本の再生を目的に、絶対的支配者を創りあげるべく実行に移された23区計画。主人公の金剛晄は、ある理由のためにその計画を潰すべく次々と東京各区の番長たちと激闘を続け、やがては計画に隠された真の目的を巡っ...