剣崎 順

リングにかけろ(漫画)の登場人物。読みは「けんざき じゅん」。竜児とはライバル関係。

  • 剣崎 順
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
剣崎 順
ふりがな
けんざき じゅん

総合スレッド

剣崎 順(リングにかけろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

剣崎財閥の御曹司で、ボクシングの天才。自分の力に絶対的な自信を持ち、尊大な言動が目立つが、それに違わぬ実力を行動で示す。高嶺姉弟が世話になっていた三条家の令嬢と許嫁関係で、そこで竜児と出会う。貧しい竜児の境遇を見下した態度を取るが、ボクシング部でのスパーリングにおいて竜児に人生初めての敗北を味わわされる。

以降彼をライバルと認識し、一層ボクシングのトレーニングに励むようになる。中学ボクシング都大会では優勝を巡って争い、世界大会では各国の強豪を相手に共闘。そしてその活躍ぶりから竜児、石松、志那虎、河合らとともに、「黄金の日本Jr.」と呼ばれるようになる。

スーパー・ブローは「ギャラクティカ・マグナム」、「ギャラクティカ・ファントム」。

登場人物・キャラクター

山口県仁保の貧しい家庭に育つ。今は亡きボクシング世界ランカーの父を持ち、姉菊と共に父の夢であった世界チャンピオンを目指して日々トレーニングを積んでいた。しかし、母の再婚相手の虐待に耐えられなくなり、菊...

関連キーワード

『リングにかけろ』に登場するJr.ボクシングチーム。世界大会終了後、突如来襲したギリシアJr.(十二神)に対抗すべく結成された世界選抜チーム。日本Jr.の5人に、影道一族の総帥、ドイツJr.のスコルピ...

登場作品

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい...