創世王

創世王

ピグマリオ(漫画)の用語。読みは「そうせいおう」。

登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
創世王
ふりがな
そうせいおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

神々の間で伝えられてきた伝説の王。世界が始まって不安定で荒れ狂う大自然の管理者が神々だった。時を経て自然が安定した頃に生まれるのが、次代を統べる創世王創世王を生み出す母なる人は、神々と同時に生まれた虹の谷で暮らしていた。創世王の誕生は神々の世界の終わりを意味するため、宇宙を闇に沈め我が物にしようとするエルゾは、これを阻止するために虹の谷を襲撃した。

母なる人は分裂したがガラティアに子が生まれ、創世王として覚醒。新たな次代が始まる。

登場作品

ピグマリオ

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは... 関連ページ:ピグマリオ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo