劉備 玄徳

劉備 玄徳

蒼天航路(漫画)の登場人物。読みは「りゅうび げんとく」。別称、鬼嚢。関羽 雲長とは親族関係にある。

登場作品
蒼天航路(漫画)
正式名称
劉備 玄徳
ふりがな
りゅうび げんとく
別称
鬼嚢
関連商品
Amazon 楽天

概要

字は玄徳。実在の古代中国の武将・政治家、劉備がモデル。非常に長い腕と大きな耳たぶの男性。王族を名乗り、自称「幽州の北斗七星」「天下の器」。昼は草鞋を売りながら、夜は侠の頭で鬼嚢と名乗って民を助けていた。関羽・張飛と義兄弟の契りを交わし、徒手空拳から天下を狙う。諸葛亮ら優れた人材が彼の元に集まり、後に蜀を建国する。

関連人物・キャラクター

関羽 雲長

字は雲長。実在の古代中国の武将関羽がモデル。長く美しい髭と、赤みを帯びた肌が特徴。美髯団の頭目だったが劉備と出会い張飛とともに義兄弟の契りを交わす。青龍偃月刀を愛用し、呂布と互角に渡り合うほどの強さを誇る武将。一方曹操からは為政者として高く評価される。

登場作品

蒼天航路

三国志の武将曹操を破天荒な英雄として描いた大河史劇。原作李學仁(1998年9月以降は原案)、作画王欣太。(1998年)講談社漫画賞一般部門受賞。 関連ページ:蒼天航路

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
曹操 孟徳
logo