劉備 玄徳

蒼天航路(漫画)の登場人物。読みは「りゅうび げんとく」。別称、鬼嚢。関羽雲長とは親族関係にある。

  • 劉備 玄徳
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天航路(漫画)
正式名称
劉備 玄徳
ふりがな
りゅうび げんとく
別称
鬼嚢

総合スレッド

劉備 玄徳(蒼天航路)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

字は玄徳。実在の古代中国の武将・政治家、劉備がモデル。非常に長い腕と大きな耳たぶの男性。王族を名乗り、自称「幽州の北斗七星」「天下の器」。昼は草鞋を売りながら、夜は侠の頭で鬼嚢と名乗って民を助けていた。関羽・張飛と義兄弟の契りを交わし、徒手空拳から天下を狙う。諸葛亮ら優れた人材が彼の元に集まり、後に蜀を建国する。

登場人物・キャラクター

字は雲長。実在の古代中国の武将関羽がモデル。長く美しい髭と、赤みを帯びた肌が特徴。美髯団の頭目だったが劉備と出会い張飛とともに義兄弟の契りを交わす。青龍偃月刀を愛用し、呂布と互角に渡り合うほどの強さを...

登場作品

後漢末期。曹操は幼い頃から破天荒で、天下を見据えた若者だった。時の朝廷は「十常侍」(10人の宦官)が権力を独占していた。北部尉だった曹操は、計略を使って 霊帝に「十常侍」弾劾の上奏を突きつける。しかし...