力王山

力王山

ケンカの聖書(漫画)の登場人物。読みは「りきおうざん」。

登場作品
ケンカの聖書(漫画)
正式名称
力王山
ふりがな
りきおうざん
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本にプロレスを根付かせた日本プロレス界の王。大相撲の元大関。海外遠征などで修羅場を踏んだ実力者で、吉良旭よりもスケールのでかいケンカ屋。必殺技は空手チョップ。

登場作品

ケンカの聖書

1956年夏、ロスアンゼルス市。空手道場を経営する甲賀正清は、道場の宣伝で、ビール瓶切りやレンガ割りの模範演技を行っていた。そこにギャングでもあるプロレスラー、シードラゴン・バビロンが現れ、甲賀に喧嘩... 関連ページ:ケンカの聖書

SHARE
EC
Amazon
logo