加代

野球狂の詩 北の狼南の虎(アニメ映画)の登場人物。読みは「かよ」。火浦健、王島大介とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
野球狂の詩 北の狼南の虎(アニメ映画)
正式名称
加代
ふりがな
かよ

総合スレッド

加代(野球狂の詩 北の狼南の虎)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

火浦健王島大介の実の母親。女手一つで二人を育てようとするも、火事で生きる術を失い赤ん坊だった二人を捨ててしまう。時が経ち、ラーメン屋で働いている時に息子である火浦健と再会。実の息子と知らぬまま、彼を励まし心の支えとなる。

登場人物・キャラクター

赤ん坊の頃に北海道で捨てられていた所を老侠客・火浦政に育てられる。育ての親である彼を殺した暴力団組長への報復で刑務所に服役。出所後に東京メッツの入団テストを経て入団し、「北の狼」の異名を持つ新人エース...
赤ん坊の頃に捨てられた火浦健の双子の弟。北海道旅行に来ていた熊本の王島夫婦に拾われ、息子として育てられる。野球選手としての道を歩み、甲子園で優勝した後に阪神に入団。「南の虎」の異名を持つ強打者として、...

登場作品

火事によって生きる術を失った母親に捨てられた双子の赤ん坊は、熊本から旅行にきていた王島夫妻と、老ヤクザ・火浦政に拾われる。政に拾われて成長した火浦健は高校野球で活躍するが、自分のために足を洗おうとした...