加治 元春

加治隆介の議(漫画)の登場人物。読みは「かじ もとはる」。別称、元春。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
加治隆介の議(漫画)
正式名称
加治 元春
ふりがな
かじ もとはる
別称
元春

総合スレッド

加治 元春(加治隆介の議)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

加治隆介の父親。民主政和党(民政党)の大物政治家で、第一秘書は谷崎健吾。長男の加治春彦も秘書を務める。民政党内の派閥「錦江クラブ」(加治派)の領袖。原理原則を貫く政治家として、国会議員からも国民からも信頼を得ていたが、光田工業事件で賄賂性の高い金を受け取ったのではないかという疑惑をもたれていた。

民政党の鳩村尚三と関係が深く、鳩村の総理大臣就任を後押ししていた。伊集院町での講演会の帰り、加治春彦が運転する車で交通事故にあって死去した。後援会長の山本への手紙で、長男の春彦よりも次男の隆介が政治家向きであり、後継として期待していると記しており、これと元春の遺した随筆を読んだ隆介は政界進出を決心した。

登場作品

加治隆介は、丸講物産に勤務するサラリーマンだったが、大物政治家である衆議院議員の父、加治元春とその秘書の兄、加治春彦を交通事故で失い、後継者として政界への進出を打診される。一度は固辞した隆介だったが、...